BASS

初心者でも知っておきたいベースの弾き方と特徴。「3種類」

てらすみ・ぎもん
ベースってどうやって弾くの?

どんな弾き方があるの?

どうやって使い分けるの?

そんな疑問を解決していきます。

ベーシストなら知っておくべきことです。

ベーシストでなくても、バンドをやっていたら、

  • こう弾いてほしい!
  • こんな音が欲しい!
  • パフォーマンス的にこれやって!

そんな風に伝えられるようになりますよ。

初心者にお勧めのアイテムはこちらからどうぞ

ベースの主な弾き方(奏法の種類)3種類

主に3種類の弾き方があります。

それがこちら。

  • ピック弾き
  • 指弾き
  • スラップ

奏法としては、3つがメインとなります。

  • ドリル奏法
  • 弓弾き

なんて特殊なものもありますが、これらは主にパフォーマンスを主としています。

実用的な弾き方としては、上記の3種類になります。

では、これら3種類の弾き方の特徴を見ていきましょう。

ピック弾きの特徴

ピック弾きの特徴

  • 芯のある抜けの良い音が出しやすい。
  • エッヂの聞いた音が出せる。
  • 弾きながら歌うことに比較的、適している。
  • 多様性がある。

比較的にまずはピックから入る人が多いのではないのでしょうか?

ピック弾きはとっつきやすいですが、実は奥深く、弾き方もいろいろとあります。

ピック記事のアイキャッチ画像
ピックの形と特徴。演奏性が大きく変わるピック選びは念入りに!

てらすみ・ぎもんピックって形や厚さの種類がたくさんあってよくわからないなぁ・・・ どれがいいんだろ? どんなものが向いてるのかな? そんな方へ向けた記事となっています。 実際に使ってみるのが一番ですが ...

続きを見る

重要ポイント

音の粒を揃える!


これが肝となります。

ダウンとアップで音色や音量が違うと曲の安定感が失われてしまうからです。

ベーシストへ向けたピック弾きについての記事のアイキャッチ画像
ベースのピック弾きなんていらない?カッコいいピック弾きの特徴。

ベース奏法の中でも、とっつきやすいピック弾きですが、敬遠されがちなピック弾き。 「ピック弾き」と「指弾き」を比べると圧倒的に指弾き派が多いのは事実です。 ですが、ピック弾きメインのベーシストもいますし ...

続きを見る

ピック弾きが向いているジャンル

ロック、ハードコア、メタル等の一般的に激しい音楽と言われるジャンルや

メロコア、パンク、スカコアなどのテンポの速いジャンルに

比較的向いています。

勢いやスピード感を出しやすいとも言えますね。

その他には

ベースボーカルをする人にピック弾きが多くみられます。

ピック弾きはコツさえ掴んでしまえば、単純な動きとなります。

唄をメインに持っていくには、ベースをシンプルすることでより歌に力を入れられるのです。

しかしながら、ピック弾きは出来ないという方もいます。

実際、自分のベースの師匠もピック弾きはしませんでした。

スタイルやジャンルの違いで使う使わないが分かれます。

指弾きの特徴

指弾きの特徴

  • 鍛えれば、ピック弾きよりも速く弾くことが出来る。
  • エッヂのない太みの音が出る。
  • グルーブが出しやすい。
  • 直接弦に触れるため、タイミングが合わせやすい。
  • 親指も自由に使えるため、さらに丸みのある太い音が出せる。

ピック弾きに比べると難易度が少し上がります。

しかし、基本ではあるので弾けるようにしたほうがいいでしょう。

人差し指と中指の2本で弾く2フィンガーがもっともポピュラーです。

中には薬指も使う方もいます。

指の長さも違いますし、力の入れ方もフォームも慣れが必要です。

重要ポイント

  • 音の粒を揃える!
  • 一番いい音の出せるポジションに構える!
  • 上から叩かずに、ひっかけて、弾くイメージで!

指弾きではこの3つが肝です。

音の粒を揃えることはどの奏法にとっても押さえておくところです。

ピッキングするポイントは、ブリッジ付近とネック側では音色が全然変わってきます。

どこがいいかは好みです。

曲中でポジションを変える方もいますし、曲ごとに変える方もいます。

変えずにワンポジションで突っ走る方もいます。

試行錯誤して好みの音、曲に合う音を探しましょう。

ブリッジ寄りで弾く

  • タイトな音
  • 芯が出る
  • ダブつかない

ネック寄りで弾く

  • 柔らかい音
  • 音量があがる
  • ダブつくこともある

このような違いがあげられます。

こればかりはやはり好みの音と言わざるを得ません。

指弾きついてはこちらもご覧ください。

ベース指弾き解説記事のアイキャッチ画像
ベースの指弾き「2フィンガー」小学生でも分かるように解説。コツを掴んでピースV

ベースの指弾きでつまづいたり悩んだりしていませんか? みんな簡単に弾いているように見えますよね? それが最初は意味が分からないんですよねw 僕も最初に指弾きを始めた時は、こんな風に思っていました。 ま ...

続きを見る

指弾きが向いてるジャンル

R&B、ファンク、フィージョン、ジャズ、ブルース等

グルーブ重視だったり、リズムが複雑なジャンルでは比較的多様されています。

脳の信号が直で伝わるので、よりリズムに注視出来ます。

それだけでなく指弾きに関しては、幅広く使用されています。

オールジャンルと言っても過言ではありません。

指弾きはマスターしたい奏法です。

スラップの特徴

  • サムピング(親指)、プルアップ(人差し指、中指)、ミュート(左手)の組み合わせ!
  • アタック感が強い!
  • アクセントがつけやすい!
  • 派手!かっこいい!
  • リズム感を鍛えるにはもってこい!
  • インパクト大!

ピック弾き、指弾きと比べるとちょっと異質な奏法です。

親指で叩き、人差し指、中指ではじく!

バチバチ!ベキベキ!ジャストなタイミングで音を鳴らさなければならないので、

リズム感は鍛えられます。

アタック音が強い為、音程のある打楽器のようなイメージになります。

ポイント

  • 点でリズムを捉える!
  • サムとプルの組み合わせにより、アクセント大!
  • 左手のミュートが大事!

曲のイメージががらっと変わる奏法なので、

インパクトのあるかっこいい奏法ですが、使い方には注意しなければなりません。

逆に言えば、目立つのでソロなどで派手はパフォーマンスには持ってこいです。

一音一音のアタック音が強いので、外した時は鮮明に分かってしまいます。

その代わりバシッ!っと決まった時には、タイトなリズムが出せます。

スラップ記事はこちらもどうぞ。

ベース スラップ解説記事のアイキャッチ画像
ベーススラップの練習「できない→かっこいいと言われるまでの道」

続きを見る

スラップが向いてるジャンル

ジャズ、フュージョン、R&Bなどのブラックミュージックや

インスト系でベースをフューチャーしている曲に多くみられます。

それだけインパクトが強いのです。

アクセントで、間奏やワンポイントで用いられたりもします。

POP系の曲でもたまに使用されることもあります。

歌もの系でずっとスラップというのはあまりお勧めができません。

アタック感は強いですが、音自体は薄くなりがちです。

まとめ:ピック弾きと指弾きとスラップの3種類。

ざざっとですが、以上のような奏法が主なベースの奏法となります。

どれが一番いいとかはなく、すべてが出来れば文句なしです。

しかし、どれが出来なければいけないということもなければ

どれが出来たら上級者というものもありません。

曲によって、使い分けたり、曲中で使い分けたり出来るようになれば、なおgoodです。

ポイント

自分が求める音を出す

これがポイントです。

出来るに越したことはないですが、どれか一つを極めるのもカッコいいですね!

どんな奏法を取得するかは、あなた次第ですよ。

楽しんでベースを弾きましょうね♪

ウルとま
今回は、「初心者でも知っておきたいベースの弾き方と特徴。「3種類」」でした。でぁ。また。

ウルとま

ウルとまのロゴ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」