BASS guitar

ギターやベースのタブ譜の見方。初心者の強い味方!まずは弾こう。

タブ譜を分かりやすく解説した記事のアイキャッチ画像

いきなりTAB譜を渡されても読めない。なにこれ?となりますよね?

 

線があって数字が書いてある。

 

なっしゅびる・げっつ
なんのこっちゃ?

 

そんなあなたへTAB譜の見方を解説していきます。TAB譜はギターやベース用につくられた簡易的なスコアです。

 

一度読み方を覚えてしまえばとても簡単にコピーに取り組めます。難しいことはないのでこの際、覚えてしまいましょう。

 

この記事で得られること

  • タブ譜の読み方が分かるようになる
  • タブ譜に頼り過ぎると良くない理由が分かる
  • タブ譜の良い活用方法がみつかる

 

好きな歌を探してみて!

タブ譜の見方。覚えてしまったら簡単です!

5線譜が読めないというあなた。楽器を諦めるのはもったいない!

 

タブ譜という強い味方がいますよ。いずれ5線譜が読めるようになるのが理想ですが、タブ譜が読めたらコピーはできます。

 

まずは、弾くことが大切。タブ譜の見方を覚えてしまい、好きな曲をたくさん弾きましょう♪

 

タブ譜にはギター用とベース用があります。別々で解説していきますので、対象楽器をご覧ください。

 

出来る事なら両方知っていたらバンド活動に役に立ちますよ。基本は同じですから難しいことはないですし。

 

香水 / 瑛人 (楽譜)

ギター編

タブ譜の記載方法はこのようになっています。

ギターのタブ譜の見方を解説した画像

  • 弦の本数
  • 抑えるフレット

 

一番下が6弦。一番太い弦ですね。下から順に6・5・4~1弦と上に重なっています。

 

ということは一番上が1弦。

 

fa-exclamation-circle 1弦と6弦を間違えないこと!

 

ポイント

下が6弦。上が1弦。どちらかだけでも覚えておけばOK!

ベース編

ベースのタブ譜は線が4本です。なぜなら弦が4本だから。

ベースのタブ譜の見方を解説した画像

ギター同様一番下が4弦。一番上が1弦です。

 

 

Stand By Me / Ben E. King/Mickey Gilley (ベース用楽譜)

 

 

ポイント

下(低い位置)が4弦と覚えると覚えやすいよ。

 

タブ譜中毒に注意!あくまでも簡易的なものということを忘れずに!

タブ譜は非常に便利なものです。視覚でどこを抑えて弾けばいいかがすぐに分かるからです。

 

それゆえに見えない部分も隠れています。

 

いきなりすべてを覚えるのは大変なので、余裕が出てきたらこれらのことを思い出してください。

 

そんな時が次へのステップが来たサインですよ。

タブ譜からは読み取れないこと

タブ譜に記載されているのは、抑える弦とフレットの位置というのは覚えましたよね?

 

では、タブ譜だけではなにが足りないのでしょうか?

 

  • リズム
  • 音の長さ
  • 音程

 

リズム

 

あなたがコピーする際は、タブ譜を見ながら音源を聴いて練習していませんか?

 

ポジションはタブ譜!リズムは音源!となっているかと思います。

 

そうなんです。タブ譜からはリズムが読み取れないのが一つ目のポイントです。

 

音の長さ

4分音符、8分音符、16分音符といった音符の種類は分かります。

 

ですが、スタッカートのような細かい音の長さは記載されません。

 

あくまでも簡易なものとしての認識をしておきましょう。

 

音程

なっしゅびる・げっつ
抑えるところが分かるなら音程が分かるんじゃない?

 

たしかに指板上の音がすべて頭に入っていて、瞬時に音程へ変更できるのであれば理解できるかもしれません。

 

しかし、タブ譜から音程を理解するのは至難の業です。

 

5線譜が読めたら譜面上で音程や音の長さなどが分かるので、ふんふーんとざっくりと歌うことも可能になりますよ。

 

 

解決策

以上の3つが挙げられました。

これらはタブ譜からは読み取れないということです。

言い換えれば、5線譜からはすべてが読み取れるようになっています。

ですが、いきなり5線譜からというのハードルが7段くらい上がってしまうので、一緒に見ておくくらいの気持ちでいいので見ておくと良いでしょう。

実際に5線譜の勉強をしたいと思ったときのスタートが非常に楽になりますよ!

実践でのタブ譜の使用はほとんどない

なっしゅびる・げっつ
趣味バンドで活動している際は、個人的に練習してみんなでスタジオ入ろうね♪

 

という流れが一般的に思われます。

 

ですが、この曲を弾いて!と依頼があった際に、タブ譜を渡されることは皆無です。

 

音源のみ。もしくは親切であれば5線譜でしょう。

 

タブ譜を読めて弾けるようになったからと言って満足は禁物です。

 

徐々にで良いので5線譜も読めるようにしておきたいところです。

メモなどにはやはり5線譜が便利

例えばいいフレーズが思いついたとしましょう。

 

そのフレーズをずっと覚えていられるほどの記憶力の持ち主はいないと言ってもいいほど。

 

録音しておくことも一つの手ではあるのですが、すっかり忘れてしまってから聞きなおすと今度は耳コピから始めなければなりません。

 

そこで【メモ】を残しておくと便利です。

 

メモと取るのにタブ譜で書いても良いのですが、上記の読み取れないことなどが出てきます。

 

5線譜で書いておいたら、見ただけですぐに思い出せるようになりますよ。

まずは弾くことが大切。タブ譜で弾きまくろう!

決してタブ譜を否定するわけではありません。むしろ肯定派です。

 

分かりやすさはピカイチの楽譜です。

とにかく弾くべし!

いくらタブ譜を眺めても上手くなることはありません。穴が開くまで見ても!

 

とにかく弾く!手を動かすことがすべてです。

 

理論や難しいフレーズはひとまず置いておきましょう。

 

ポイント

  • 出来る事を増やすことが大事
  • 慣れてきたら以前は出来なかったことも出来るようになっている
  • 楽しい。好きなことをやるべし!

マルチタスクは避けよう。

最初の意気込んでいる時期は、あれもやりたいこれもやりたい!と興味が湧きあがるはずです。

 

モチベーションが高いのは大変いいこと。

 

ですが、一気に手広くひろげないほうが良いです。

 

  • 指弾きもスラップもピックでも弾けるようになろう!
  • 理論もガンガン覚えてよう!
  • 機材の勉強もしたいなぁ!

という感じになっていませんか?

 

なぜなら、どれもが中途半端になり【なにが目標でなにがしたいのか?】と迷路に一転突破していきます!

 

ひとつずつこなしていくことが実は一番の近道

 

ただし、曲を2・3曲平行して練習するのは【あり】だと思っています。

 

  • 行き詰った時に別曲で気分を変えることが出来る
  • 新しい発見がある
  • 目標が明確である

 

ウルとま
少しでも効率よく成長していきたいですもんね

タブ譜について(まとめ)

タブ譜は大変便利な譜面だということは分かってもらえたかと思います。

 

読み方も難しくないでしょ?

 

ですが、タブ譜に頼りきってしまうのは良くないということにも触れておきました。

 

そうはいっても初心者の時点から、難しい5線譜を解読しながらコピーするのは手間が掛かり過ぎます。

 

一番大事なこと

楽しいと思えるようにする。出来る事から始め、自信と出来る事を少しずつ増やしていくこと。

 

スコアであれば、5線譜の下にタブ譜が書いてあります。

 

一緒に5線譜も見る癖をつけておきたいですね。

 

見るだけでも苦手という壁は少しずつなくなっていきます。

 

なっしゅびる・げっつ
いつも見てるから分かるよ!

 

くらいになってきたらチャンス!!!

 

焦らずにじっくり楽しみながら成長していきましょう!

 

好きな歌をコピーしてみよう!

ぷりんと楽譜についての記事のアイキャッチ画像
弾き語りをしたい!「ヤマハのぷりんと楽譜」が便利な理由。

てらすみ・ぎもん弾き語りがしたいけど、耳コピ出来ない・・・ 分かりやすい楽譜がいい! 無料のコード譜もいいけど、やっぱり譜面が欲しい!   そんなあなたへおすすめするのは「ヤマハのぷりんと楽 ...

続きを見る

 

ウルとま
今回は【ギターやベースのタブ譜の見方。初心者の強い味方!まずは弾こう。】についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ画像
最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」