雑記

「オーディブル」なら多忙なあなたも本が聞ける!おすすめ使用方法。

この記事を見てくれているあなたは、学びたい気持ちがあるけれど、今一歩踏み出せずにいないですか?

てらすみ・ぎもん
通って学ぶのは時間的に難しい。

お金も掛かるし、家族のこともあるし。

本を読もうと思うけど、なかなか手に取れない。

僕自身そう思っていて進めずにいました。

そんなあなたへAmazonのオーディオブック、「Audible」を全力でおススメします。

なっしゅびる・げっつ
こんな効率のいい学び方があったのか!?

驚きは隠しても隠し切れませんでした。

オーディブルはAmazonのオーディオブック

オーディブルを試してみる?

試してびっくり!聞いて学ぼう!

「Audible」オーディブル導入への道のり。

オーディブルはAmazonのオーディオブックです。

導入方法を画像で分かりやすく説明します。

まずAmazonのサイトへ行きます。するとTop画面の上の方に「本」というところがあります。

そして検索窓で欲しい本を検索します。

すると、「Audible」版に対応されている書籍はこちらの画像のように「Audible」という項目が出てきます。

こちらから最初は1コインあるので、どんな本でも1冊無料で視聴することができます。

「Audible」のサイトへ直接行きたい時は、Amazonのサイトへ行き、一番下までスクロールします。するとこんなところに!?

Amazonのサイトからでは少し分かりづらい場所にリンクがありますね。良くみないと見落としてしまいますね。

「Audible」オーディブルを勧める理由。

本を聞く!?いまいちピンと来ないかもしれません。

小さなころお父さんやお母さんに絵本を読んでもらいませんでしたか?

我が家では娘がそんな時期なので、絵本を読む側です。

びっくりすることに1ページ飛ばしてしまうと指摘されます。「戻ってっ」と。

当然まだ文字は読めないのですが、耳で聞く話と絵を覚えているんですね。

子供の頭は驚くほど柔軟ということもありますが、「耳で聞く」ということがどれほど頭に定着するのか実感しました

時間の有効活用が出来る!

なっしゅびる・げっつ
いやいや、本を読むならやっぱり書籍じゃないと!

その気持ち、良く分かります。僕自身そう思っていました。

しかし、本を読むには不向きな場合があります。

・移動時間

・夜電気を消してしまったあと

・なにか作業をしている際

活用チャンス

  • 手が塞がっている
  • 本が直視出来ない

そんな時に大活躍するのが「Audible」なのです。

頭に入りやすい!

僕は主に車での移動時間に聞いています。

会社まで片道1時間ほど。今までは音楽を聴いたり、YOUTUBEを流したりしていました。

その時間を「Audible」Timeに変更です。

これが効果てき面!!!朝一ということもあり頭はクリアなのですーっと話が入ってきます。

いろいろな発想も湧いてきます。移動時間って持て余すんですよね。

そんな時ほど頭に入りやすいものです。

移動時間というものは、活用すべき大事な時間だったと気づきました。

1日2時間、「Audible」Timeを取れたとすると・・・

2H×365日=730時間

ちょちょちょ!これだけの時間を今まで無駄にしていたとなるとショックを隠せません。

余裕で100冊以上こなせますね!やるとやらないでは人生180度変わると思いませんか?

しかし、熱中しすぎての事故にはくれぐれも気を付けてくださいね!

お試し1冊無料!まずは試してみて、損は無し。

今「Audible」を無料登録すると、1冊プレゼントされます。

万が一「自分には合わないや!」となってしまった場合でも、1冊はタダです。この際気になる本を、タダでゲットしておいて損はありません。

最近は、「○○ヶ月は無料!最初は無料!」と謳っているサービスが多く見受けられます。

これは無料から集客し、のちの有料会員への導きです。

使用者目線でいえば、最初の無料分だけ使って、解約すればいいや!と考える方は多くいると思います。

僕も最初はまず、一冊だけ。タダだから試しに入ってみようという気持ちでした。

しかし、すぐに2冊目を購入してしまいましたね。時間活用の点においてメリットしか感じなかったからです。

僕が購入した本は「ちきりん」さんのこちらの書籍。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

最初にこちらを購入したのが吉と出ました。

本当に勉強になるし、面白い!なるほどなぁ!という気付きが凄く多かったからです。

恐らく単行本を購入していたら、まだ読み終えていないでしょう。実はまだ読み終えていない本が2冊残っているのはここだけの話。

「kindle」も視野に入れてはいたのですが、「kindle」だったら、単行本を選んだと思います。

本を読むのが苦手でも、聞く「オーディブル」なら最初の壁が、家の玄関の段差くらい低くなります。

これがおススメする一番のポイントですね。

「Audible」オーディブル使用の際、気を付けるべきこと(デメリット)

メリットがあれば、デメリットもあるでしょ?というのが心理ですよね?何事もいいことばかりではありませんから。

そこで僕が感じたデメリットを挙げていきます。

デメリット1:失敗談

あなたが該当するか分かりませんが、僕は寝ながら音楽を聴いたり、YOUTUBEを聞いたりと寝るまでの時間を「聞く時間」にしています。

そんな「聞く時間」ですから、もちろん「Audible」を聞かないわけがないでしょう?

しかし、それが仇となりました。

途中で寝てしまいました。寝てる間も再生され続け、朝起きた時には完読されてました。

しかも、寝る前にどこまで聞いたのか覚えていないのです。最初から聞きなおしました。

睡眠学習というものが存在するのか否かは定かではないですが、僕にとっては無意味でした。

寝ながら聞くのは控えた方が良いでしょう。

しかし、本がどこまで進んだのか分からなくなってしまうデメリットはありますが、集中できるのでじっくり聞き入ることは出来ますよ。

右から左では、定着が薄い。

聞くだけなので、知識として取り入れるにはぴか一の使い勝手です。

しかし、頭への定着率が実際に活字を読むより下がってしまうのは事実です。

2度、3度聞くことでより深く定着させたり、アウトプットすることによって定着させるなどの行動が必要です。

僕は2度目は倍速率を上げて聞いています。3度目は更に倍速率を上げます。

そうすることによって、頭に入っているところはスムーズに聞き流します。

3度目になって、「あれ?こんな話あったっけ?」なんて気づくこともあります。完全にずっと集中できているわけではないですからね。

この現象は面白いので、ぜひ試してみてほしいですね。

オーディブルはAmazonのオーディオブック

オーディブルを試してみる?

試してびっくり!聞いて学ぼう!

無知の恥!大人こそ学ぶべき!

  • 時間がない。
  • 仕事に疲れた。
  • 家族の時間も作らなきゃ。

大人になったら大変なことばかりです。

しかし、大黒柱として強く生きていきましょう!

勉強は学生がするものと思っていませんか?

ポイント

これからの時代、今まで以上に急速に世の中は変化すると誰もが言っています。

その波に乗り遅れないよう知識を増やしていくことが勝ち抜くには必要不可欠です。

現職に関する知識でも良いでしょう。

副業に関する勉強でもいいでしょう。現在は副業をされる方も多くなっています。

副業に関しては

こちらもCHECK

今より更に高みを目指すことが、大人としての生きがいではないでしょうか?

これからの時代を生き抜く為に。

  • AI
  • 5G
  • 年金問題
  • 少子高齢化
  • 新型コロナ問題

など、様々な出来事や技術の発展により、大きく時代が変わろうとしています。

今のまま、普通の生活を続けていたら明日の仕事がない・・・なんて事態に遭遇しています可能性も0ではありません。

なにがあっても食べていける。家族を養っていける。そんな自信になることを身につけておきたいですね。

まとめ

学習や読書方法の一つとして、「Audible」について書きました。

今までにはなかったサービスですので、とっつきにくい、よくわからない、いいのか悪いのかすらわからない。

そんな声も聞かれます。

逆を言えば、新しいサービスほどまずは飛びつく精神が必要だと僕は思っています。

もし仮にそれが、駄作であまりメリットのないものでも、考え方によってはプラスにすることも可能です。

例えば、ブログ記事に投稿。

こんなサービスは良くないですよ!なんて、いち早く書いたのなら、参考にする多くの方がいると思いませんか?

何事もやってみる精神をこれからも持ち続けようと思っているウルとまでした。

オーディブルはAmazonのオーディオブック

オーディブルを試してみる?

試してびっくり!聞いて学ぼう!

ウルとま
今回は「耳で聞く本で学ぶ。「Audible」多忙なあなたも耳なら貸せる!」についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」