アーティスト

60年代ロックミュージシャン。おすすめ5選!

60年代のおすすめロックミュージシャン記事のアイキャッチ画像

今を生きているということは、先人が居たから。

今の音楽があるのは、先人がここまで広げてきたから。

ウルとま
ルーツを知り、古き良き音楽を聴いておかなければ、 ミュージシャンは名乗れないぜ?

という事で、

なっしゅびる・げっつ
これだけは聴いとけ!60年代アーティスト「5選」です。
  • 60年代ロックをあまり知らない。
  • 今の音楽しか興味ない
  • ミュージシャンを目指してる

あてはまるあなたにはぜひとも読んで頂きたい記事となっています。

これを機に、是非とも古き良き音楽に触れてもらいたいものです。

幅広い年代、ジャンル、洋楽、邦楽と、様々な楽曲を聞くことって凄く大切なことです。

これからのあなたの人生を、大きく変えることになる「1曲」に出会えるかもしれません。

たくさんの曲を聞くなら、やはり「サブスク」がおススメです。定額で聴き放題ですから。

Amazon Music

曲数も豊富で、様々な曲をインプット出来ますよ!

代表的な60年代ロックミュージシャン一覧

  • Beatles
  • The Rolling Stones
  • ヤードバーズ
  • ジミ・ヘンドリックス
  • レッドツェッペリン
  • ザ・フー
  • サイモン&ガーファンクル
  • Jackson five
  • ディープパープル
  • スライ&ザ・ファミリーストーンズ
  • レイ・チャールズ
  • ベンEキング
  • ザビーチボーイズ
  • エルトンジョン
  • ボブディラン

ざっと上げてみてもこれだけの数!

この時代の凄さが伝わるでしょうか?

名前くらいは聞いたことがあるミュージシャンではないですか?

でも音楽は聴いたことがないよ
なっしゅびる・げっつ

意外とそういう方は多いものです。

ウルとま
でもね、聴けば分かるかもよ?

いろんなところで流れてるもん!

そうなんですよね。

実はいろいろなところで耳にすることがあるんです。

やはり良いものは年月が経とうが色あせないものです。

ウルとま
では、独断と偏見による60年代ロックミュージシャンのおすすめ5選!

行ってみよう!

60年代ロックミュージシャン!おすすめ5選!

Jimi Hendrix (ジミ・ヘンドリックス)

60年代、サイケデリックブームを起こした。

通常ギターをレフティに持ち替え、

リバースヘッドの元になるような事をした。

派手なライブパフォーマンスも人気だった。

当時では珍しかった黒人ミュージシャン。

相当な苦悩と葛藤の中で戦った人生だった。

Jimi Hendrixは幼少期からギターを弾いていて

スキルが高かった。

その上に2度と再現の出来ないアドリブ中心の神プレイでリスナーを

圧倒し引付けた。

ジミヘンに衝撃を受けたギターヒーロー

エリック・クラプトン

ジェフ・ベック

などが、

  • かなわない
  • 別次元だ!
  • 辞めようと思った

という言葉が残されているほど。

そんなJimi Hendrixのお勧めアルバムはこちら

BBCセッションズ [2CD+DVD]<完全生産限定盤> The Jimi Hendrix Experience

ウルとま
聴かなくても人生に支障はないけど 聴いておいたら、

世界が人がりますよ。

メジャーデビューからわずか4年、

27歳で亡くなってしまったJimi Hendrix

それでもインパクトは絶大だったということ!

ジミヘンコードと呼ばれるコードがあるほど。

その他、細かいことはこちらでどうぞ。

Jimi Hendrix Wikipedia

[/st-rank]

The Beatles

私が語る事はないでしょう。

全世界でもっとも有名なグループと言っても過言ではない!

ポイント

ジョンとポール。

天才が2人いるバンド。

これだけ年月が経っても色あせず

寧ろ、輝きを増しているような

The Beatles

熱いファンも未だに増え続けている。

聞いたことがなければ

音楽を知らないのと同じレベル。

知ってる方もいるかもしれないですが

小ネタをひとつ。

小ネタ

27歳の頃、マイケル・ジャクソンが約4750万ドル(約5億1200万円)で

ビートルズの版権を買った。

ちなみに、マイケルに版権ビジネスを教えたのはポールだと言われています。

(だいぶはしおりましたが)

そんなThe Beatlesの必聴アルバムをあげるのなら

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド<期間限定盤> The Beatles

ちょっとマニアックなところかもしれないですが、私はこのアルバムが大好きですね。

世界のThe Beatleファンへ

R・I・P

The Rolling Stones

こちらも語る事はないでしょう。

このロゴは見たことあると思います。

ストーンズのロゴって知ってました?

知らなかったって方はいいねをお願いします。

ウルとま
ボタンはないから、読みながら自分でね。

音楽性

ローリングストーンズは

ブルースルーツのロックンロールという路線で貫き通している。

当時は、差別がまだあったころ。

そんな中でも黒人音楽を吸収し

発信していったとなると

少なからず、ストーンズメンバーは黒人音楽の良さを知っていて

差別などしていなかったでしょうね。

浦澤直樹さんの漫画

20世紀少年を読んだことがありますか?

少年たちがラジオから流れる音楽に

衝撃を受ける場面があります。

その曲は・・・

The Rolling Stonesの曲なんですよ。

必聴アルバムをあげるとするならば

シングル・コレクション(ザ・ロンドン・イヤーズ) The Rolling Stones

伝家の宝刀!シングルコレクション(笑)

モー全部聞いとけ!って感じです。

絶対に一度は聞いた曲があるはず。

その時あなたはこう思うでしょう。

なっしゅびる・げっつ
これってストーンズの曲だったんだ!

間違いない!

レッドツェッペリン

ジミー・ペイジは有名でしょう。

60年代にハードロックサウンドを提示し、ロックを代表するアーティストとして挙げられる。

「疑いなくロック史上最も永続的なバンドの1つ」と言われる。

ジョン・ボーナムのドラムに憧れるドラマーは数知れず。

会うドラマー、知り合いのドラマー

口をそろえて、ジョンボーナム、ジョン・ボーナム言ってますよ。

ここではあえて挙げていない

ヤードバーズ

レッドツェッペリン結成の母体となったようですね。

あえてヤードバーズはあげませんからね。

レッドツェッペリンに関しては

お勧めアルバムとかないです。

レッドツェッペリン1からすべて聴いていただきたい!

名曲だらけです。

ハードロック中心に幅広い音楽性を持っています。

言っておく

勉強材料にはもってこい!

音楽話ネタにはもってこい!

聴かぬ理由はない!

スライ&ザ・ファミリーストーンズ

最後に、Sly & The Family Stone。

こちらは知らない方も多いはず。

ウルとま
独断と偏見っていったじゃん!

アメリカの人種、性別混合編成のファンク、ロックバンド。

どうしてもベーシスト目線が出てしまい、

紹介せねばならぬと。

本当に勉強になったバンドです。

ウルとま
自分のベーススタイルが、 いまいち納得がいかず引き出しも少ない。

そう悩み混んでいた時に教えてもらって

衝撃を受け、聴きまくったバンドです。

それから、私のスタイルにファンクな感じが入ってきたのでありました。

お勧めするなら迷わずこれ!

暴動<完全生産限定盤> Sly & The Family Stone

他にもあるのですが、まずはこれ!

ベーシストには必ず聞いてほしいアーティストですね。

ものすごく勉強になりますから!

ポイント

ベーシストなら聴いておくべし!

60年代ロックはロックの幕開け!

ざざーっと5アーティストを

独断と偏見によってあげさせてもらいました。

今からすると、60年前になるんですよ?

そんな昔にこんな素晴らしい音楽が生まれていたんです。

そして、これらの音楽からインスピレーションを受け

新しいアーテイストが、新しいジャンルを生み出したり、さらにロックを広げたり。

ロックの幕開け的存在達でした。

他にもたくさん好きなアーティストはいるのですが

今回はこの辺で。

インプットしまくりたいあなたに最適!

Amazon musicはこちらから

ウルとま
今回は、60年代ロックミュージシャン、勝手に5選!でした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

\この記事はいかがでしたか?/