guitar

ギターをこれから始める「初心者向け」楽器レンタル出来ます!

Guitar subscription サービス紹介記事のアイキャッチ画像

これからギターを始めようとお考えのあなたへ、お勧めのギターを紹介することも考えました。

しかし、良いものがありましたよ。

「いきなり楽器を買ってしまい、すぐに辞めてしまったら…」なんて考えてしまい、ギターをやりたいけど、踏み出せないで居たあなたに最適かもしれません。

それは、楽器のレンタルを利用することです。

スターペグミュージック

↑こちらです。

いずれは、やはりあなただけの1本を持つことをお勧めします。

しかし、最初の3ヶ月…ここが大きな山場となります。3ヶ月間、練習を続けられたら、上達でき、その先も続けることが出来ると思います。

万が一、続けれなかったら?そんなことは、考えたくないですが、あり得なくは、ないことですよね?

その万が一を考えて、踏み出せずにいるあなたには、最適ではないですか?

  1. 少額でギターをレンタルする。
  2. なにはともあれ、まず弾いてみる。
  3. 出来ると自信が付いたら、あなたの1本を選ぶ。

このようなサービスが無かったころと比べると、「ギターを始める」ハードルが、大きく下がりましたね。

ギターレンタルを勧める理由

楽器は、決して安いものではありません。

なっしゅびる・げっつ

最初から「高い、良いものを買って、辞めれないようにするんだ!」

そういう考え方もあるよね。でも、せっかく買うなら、厳選して選びたいよね。

ウルとま

一目ぼれしてしまい、どうしても「このギターが欲しい!」「これじゃなきゃダメだ」という1本に出会えたなら、それは買うべきです。

ですが、最初からそのような「運命の出会い」は、なかなか出来ません。

なぜなら、現時点で上手に弾けるわけではないので、そのギターの本当の良さが、わからないのです。

音や見た目、印象などは、ほぼほぼ好みです。誰かが、良いと言っているものでも、あなたにピッタリ合うとは限りませんよね。

であれば、ある程度弾けるようになり、良し悪しが分かり始めたくらいに、最高の1本を探し始めるのが良いかと思います。

最初は弾けません。まずはお試し!

ウルとま

安心してください!弾けませんから!

どこかで聞いたことがあるような・・・

なっしゅびる・げっつ

まぁ、履いていようがいまいが、それは置いておいて。

最初は、誰もがギターを弾くことは出来ないと言っても、過言ではないと思います。

ギターは、通常生活をしていたら、あまり使わない筋肉を使い、多用しない指の動きや、手首のひねりなど・・・

簡単に言えば、日常的に行う行動ではしないことをするということです。

赤ちゃんと同じです。

  • 初めて歩く
  • 初めて食べる
  • 初めて喋る

これらは、僕たちにとっては当たり前のことですね。

しかし、赤ちゃんからしたら、すべて初めてのことですよね。

だから、出来ない。でも、本能でやろうとする。そして、出来るようになる。

普通に当たり前のことを言ってますがw

ポイントは、ギターを弾くことは、本能では出来ないということです。

となると、自分からやろうと、練習しようとしないと出来ないわけで。しかも、最初は、弾けなくてもどかしいから、尚更、練習が億劫になって…

という流れで、諦めてしまう方が多いのです。

決して、あなたが「どうせ諦めるんだから!」と言っているわけではないですので、ご理解くださいね。

ウルとま

諦めるという選択肢がある以上、最初から、大金をつぎ込むことは、出来るだけ避けた方が良いのではないかぁと、僕は思うわけです。

そんじょそこらには、無いような代物なら、高値で売れるかもしれませんが。

しかし、マイナスは、マイナスですね。いや、大きくマイナスでしょ?

なっしゅびる・げっつ

最初は、細かいことは気にしなくてよい。

ウルとま

某メーカーの初心者セットは、良くない!

なんて思っていませんか?

では、なぜ良くないのでしょうか?

壊れやすい?

なっしゅびる・げっつ
ウルとま

いやいや、ギターはそう簡単には壊れないよ!

おそらく、おそらくですよ?イメージが先行しているのでは、ないでしょうか?

実際に、良いギターと言われるものと比べてはいけません。それだけお値段は張りますから。

お値段以上・・・

なっしゅびる・げっつ

僕はもともとベーシストですので、最初はベースでバンドを始めました。高校2年の時です。

初めて参加したバンドのギタリストが、ぶちくそ(広島弁)上手かったんです!

当時は、僕もギターの知識も無く、どんなものが良いかも分かりませんでした。ただひとつ言えたのは、ぶちくそ(広島弁)上手かった!

そんなギタリストが、使用していたギターは某初心者用ギターと言われるギターでした。

言いたいこと

使用している楽器よりも、腕を磨け!

ほーんとにざっくり、おおざっぱに言ってしまうと、弾ければいいんです。

弾けば上手くなりますから。上手くならないと、良い音出せませんから。

ウルとま

上手い人が弾けば、3流ギターもいい音させますよ。なにを隠そう僕には無理ですがw

・まずは、楽器を手にする。

・ひらすら弾く。

・どんなことでもいい。とにかく弾く。

まずは、弾かなければ始まりません。一度手に取って、実際にやってみてから、続けるか?辞めるか?決めてもなんの問題もないと思いませんか?

「ギターレンタル」の仕方「画像でわかりやすくい!」

ウルとま

簡単レンタルすぐ弾ける!いいね!!

まずは、ギターを選びます。

決め方は、値段でもいいし、見た目でもいいし、知っているものでもいいし、弾いてみたいものでも!

OK~~~!

なっしゅびる・げっつ

サービス内容「他社比較表」

最低価格で見たら、非常にお手頃です。

もちろん、選ぶギターによって、お値段は変わります。

ウルとま

最低期間が長いのと、選べるのがいいね!

ここから、申し込みの仕方になります。

非常に簡単でした。

申し込み方法を画像で解説

6ヶ月よりも1ヶ月の方が割高にはなりますね。

のちのちの、期間の変更も可能です。

ウルとま

延長入りまーす♪

あなたのお届け先を入力~~~!

支払いはクレジットカードのみです。

内容は、再度確認してくださいね。

気になることがあれば、確定ボタンの前に要チェックです。

このような感じで、あっという間に完了です。

あとは届くのを待つのみ!楽しみですね。

「ギターレンタル」のメリットとデメリット

ここまで、「ギターレンタル」をごり押ししてきたわけですが、すべての方にお勧めできるわけではありません。

メリットもありデメリットもあります。

お勧め出来ない方

・すでにギターを持っている方

・気性の荒い方

ギターは、1本持っていれば、練習出来ます。

逆に、何本も持っていても、飾りになってしまいます。

僕も、ベースとギターで「5本」所有していたことがあります。ですが、身体は一つですからね。

飾りになった4本でした。そして、最終的に売られていきましたとさ。

極端に気性の荒い方も控えた方がよいかもしれません。弾けないあまりに、怒り狂って、壊してしまったら大変ですから!

お勧めしたい方

・まずはギターを弾いてみたいと考えているあなた

・いきなりギターを買ってしまうのは、「ちょっとなぁ…」というあなた

・違うギターも試してみたいというあなた

手軽に、まずはお試し感覚で、初めてみたいというあなたには、持ってこいではないでしょうか?

エレキしか持っていないけど、アコギも弾いてみたいなんて思っているあなたにも、お勧めですね。

実際に、エレキとアコギでは、全然違いますからね。

デメリット

やはり、レンタルですので、いずれ返さなければなりません。

続けられると確信が出来たら、あなたの1本を探すのが良いと思います。

そして、長期間のレンタルは、逆にコストが掛かるということです。

例えば、売値が1万円のギターとします。

月々のレンタル料が、3千円だったとすると、4ヶ月以上借りてしまうと、買った方が安かったということになってしまいます。

やはり、短期間集中で借りることをお勧めします。

デメリット3点

・いずれ返さなければならない

・長期間レンタルはコストが掛かる

・返品に、少し手間が掛かる

メリット

手軽に始められるのがいいですね。最初の1歩が、踏み出せないという声をよく耳にします。

「やりたい!」という気持ちがあるのに、もったいなぁと思います。

レンタルすることで、「始める」というハードルを下げることが出来るのは、嬉しいことではないですか?

いろいろなタイプのギターを試してみるという楽しみもありますね。

レスポールも欲しい!ストラトも欲しい!テレキャスも!なんて、言い出したらキリがありません。

実は、プロも楽器のレンタルをします。

レコーディングで、単発で「この音色が欲しい!」なんて時や、「PV用に!」なんてこともあります。

もともと「楽器レンタル」というものは、ありましたが敷居がちょっと高かったんですね。

スターペグミュージック

のようなサービスは、より身近に、より多くの方に、ギターを弾く機会を与えてくれます。

メリット3点

・手軽に始められる

・ポンポンと、クリックで完結する。

・辞めるにも、傷が浅くて済む。

ウルとま

今回は「ギターをこれから始める「初心者向け」楽器レンタル出来ます!」についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ画像

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」