guitar

ピックの形と特徴。演奏性が大きく変わるピック選びは念入りに!

ピック記事のアイキャッチ画像
てらすみ・ぎもん
ピックって形や厚さの種類がたくさんあってよくわからないなぁ・・・

どれがいいんだろ?

どんなものが向いてるのかな?

そんな方へ向けた記事となっています。

実際に使ってみるのが一番ですが、出来るだけ近道をしたいですよね?

ざっと見ていきましょう!

ピックの形と向き不向き。

一概にピックといっても、いろいろな形のものがあります。
代表的なものをあげてみます。

  • ティアドロップ
  • トライアングル
  • ジャズ
  • サムピック

オーソドックスなこちら4点を見ていきましょう!

他にもあるのですが。

ティアドロップ型

 

ピック ティアドロップ.jpg

もっともポピュラーなスタイルで、多くのギタリストが使用している形。

先端に向かうにつれシャープになっていくので、

弦へのひっかかり感が少なく、スムーズなピッキングが可能です。

ポイント

短音、ソロ向き。

 

トライアングル型

 

ピック おにぎり.jpg

ティアドロップ同様、ポピュラーなスタイルです。

通称おにぎり型と呼ばれるとおり3角形をしており、

3つの頂点どこでも同じ感覚でピッキングが可能。

どちらかというとコードストロークやカッティング向きです。

ポイント

コード弾き、バッキング向き。

3角使えるので、コスパ最強との声も!?

ジャズ型

 

ピック ジャズ.jpg

ティアドドロップ型の先端をさらにシャープにし、

サイズも小さくしたモデル。

ティアドロップよりも更にスムーズなピッキングが可能。

ポイント

テクニカルな速弾きなど、少し上級者向け。

 

サイズが小さい為、落としやすいというデメリットも。

サムピック型

 

ピック サム.jpg

アコースティック・ギターや、エレキギターを

フィンガーピッキングで演奏する際に、

親指にはめて使用するタイプのピックです。

このピックを使用することでフィンガーピッキングの際に

めりはりのあるベース音が得られます。

ポイント

親指にはめるタイプ。

メリハリのあるベース音が得られる。

 

 

 

他にもシャークフィン型ホームベース型などもありますが、

変形ピックはスタンダードなものに慣れてから、手を出すほうが良いでしょう。

 

サムピックならTAB!こちらもご覧ください。

TABのサムピックレビュー記事のアイキャッチ画像
TABのサムピックをレビュー!通常ピック10枚以上の価値あり!

通常のピックは安いもので100円ほど。しかし、TABのサムピックはその5倍以上の値段がします。   TABは気になるけど、「まぁ安いのでいいか!」と、妥協しているあなたへ是非とも読んで頂きた ...

続きを見る

ピックを選ぶポイント。

エレキやを引く際は、ティアドロップ

ベースを弾くときはトライアングルを使っています。

 

それぞれ使用時のスタイルや楽器で

使うものも変わってきます。

こちらの記事も参考程度になれば幸いです。

ただ万人受けなものはないので

納得のいくものを自分なりに探していきましょう。

それも一つの楽しみですよね。

これ!というものが決まるまでは、

ポイント

いろんなタイプのものを

1枚ずつ一緒に5枚くらい買いましょう。

理由は

一気に試してみないと分からないから。

良いものに出会えることを願っています。

ウルとま
今回はピックの形の特徴でした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

                           

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」