音楽機材

フェニックスカポのソルダーレスケーブルをレビュー!5分で完成!

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルの記事のアイキャッチ画像

フェニックスカポさんから新商品の【ソルダーレスケーブル】をレビューしていきます。

 

カポ記事【Type R】【ジャガー カポタスト】の記事はこちら。

 

フェニックスカポ Type R

 

フェニックスカポ ジャガー カポタスト

「フェニックスカポ」安いと評判のカポをレビュー!個性派におすすめ!

ギターリストなら一つは持っているカポ。いろんなカポがあって迷いますよね。   Kaiserのカポを使用していましたが、長いこと使っていてお疲れのようなので「フェニックスカポ」さんのカポを購入 ...

続きを見る

 

フェニックスカポさんの商品の第一印象は

ウルとま
コスパすげぇ!でも、この価格でどうなんだろう?

 

おそらくあなたも似たような感想をお持ちではないでしょうか?

 

安いに越したことはないけど、安物買いの銭失いにはなりたくないのが本音。

 

でも、安くて良いものならぜひとも愛用したいものですよね。

 

今回は一番最後にフェニックスカポ社さんから伺った裏話を特別に公開させてもらいます。ぜひご覧ください。

 

この記事で分かること

  • フェニックスカポのソルダーレスケーブルのリアルレビュー
  • ソルダーレスケーブルのメリット・デメリット
  • 他社製品との比較

 

結論を言ってしまうと

ウルとま
三度目も正直。お値段以上。期待通り!

 

Phoenix ソルダーレス パッチ ケーブル

 

 

ソルダーレスケーブル?なにそれ?という方も少なくないかと思いますので説明だけしておきます。

 

ソルダーレスケーブルとは?

ソルダー(Solder)=【はんだ】

はんだ無しで接続が出来るケーブルです。

手間が掛からず、自分の好きな長さのケーブルを作ることが出来ます。

ケーブルは細いものが一般的で、柔らかく取り回しもしやすいためにエフェクター間のパッチケーブルとして使用されることが多いです。

フェニックスカポのソルダーレスケーブルのリアルレビュー

新しくフェニックスカポさんより発売されたソルダーレスケーブルを早速レビューしていきます。

 

フェニックスカポさんといえばやはり、価格面で圧倒的な力を持っています。

 

こちらのソルダーレスケーブルも、他社製品と比べると爆裂に安いです。

 

どんなものか見ていきましょう。

開封の儀

まずはパッケージ画像。

 

カポの時と比べるとしっかりとした箱に入っていて、立派な梱包です。

 

ウルとま
うん。うん。良さげな気がする♪

フェニックスカポのソルダーレスケーブルのパッケージ画像

 

そしてこちらは裏パッケージ。説明書がこちらになるので、別で説明書としてのものは入っていません。

 

こういった些細なことのように思える削減も、コスト削減に繋がるのでは?と勉強になりました。

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルの裏パッケージ画像

セット内容

こちらの画像に写っているものがすべてのセット内容です。

 

セット内容

  • ケーブル 4m
  • ジャック(コネクタ) 12個
  • ケーブルカッター
  • ドライバー
  • 予備のネジ(3本)
  • 保証書
  • 保証延長サービス
  • 感謝のお言葉

 

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルの同梱物すべての紹介画像

 

 

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルのカッター、ジャック、ドライバーのセット画像

 

 

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルのケーブルの梱包と長さの説明画像

 

これだけ揃っていれば、ケーブル作成に別途用意するものはありません。

 

実に親切ですね。ポチってお届け。はい!作業出来ますよ!というこのセットに正直びっくりしました。

 

細部までこちら側(使用者)へ立っての目線を持つ企業努力に乾杯?

 

でも、ほんとそうですよね。ケーブルとコネクタを購入して制作しようと思った時に

なっしゅびる・げっつ
カッターないわぁ… ドライバーもないわぁ…

 

なんてなったら、また買い出しじゃないですか?ホントありがたいセットですよ!これは。

作業してみてのレビュー

実に簡単!おそらく小学生でも軽く出来るほどです。しかも【5分もあれば完成!】出来るほど簡単!

 

以前、僕はGEORGE L'Sのソルダーレスケーブルを使用していました。

 

お店で買ったのですが、3mで確か5000~6000円だったような記憶です。工賃込みです。

 

ウルとま
工賃って…これ…だれでも出来るじゃん!!!!

 

今更ですが、ちょっとショックを受けしまいました(笑)

 

ポイント

  • ケーブルカットの際は、切り口が水平になるようにする。
  • 切断後は、楕円になっているので指で揉んで丸くする。
  • あらかじめコネクタのキャップを外しておくのも一つです。しかし、ネジが小さいので取り付ける際に外してすぐに戻した方が無くならないで済むはずです。
  • コネクタへ差し込む際は、ぐっと奥まで差し込む。
  • 左右に軽くひねってみて接続されているかのチェック!

 

ソルダーレスケーブルのメリットとデメリット

通常のケーブルとソルダーレスケーブルはそれぞれに良し悪しがあります。

 

実際にソルダーレスケーブルを使ってみてのメリット・デメリットを挙げてみます。

ソルダーレスケーブルのデメリット

  • ロングケーブルで使用頻度が高いとコネクタの接続不良が起こりやすい
  • 少々の時間とはいえ製作するという手間が発生する

 

先ほど僕がGEORGE L'Sを使用していたと書きましたが、それはこちらでした。

GEORGE L'S (ヴィンテージ レッド)

これをカットして製作してもらっていました。3mを2本使用していました。

 

音は確かに良いです。今までで一番いいのでは!?という程。

 

ですが、やはりケーブルが細い分痛みも早く、コネクタ部分がへたり、ノイズが頻繁に出るようになってしまいました。

 

その都度、繋ぎなおしました。定期的にネジの確認もするようにしました。

 

その手間から、録音用とパッチケーブルのみの使用にすることにしました。音は確かでしたので。

 

やはり手間とコネクタ付近がはんだ無しなので、少々弱いというところでしょう。

 

細くてやわらかいので取り回しが良く、かさばらないし重宝していたのですが。

ソルダーレスケーブルのメリット

  • ケーブルが細く柔らかいので取り回しが良い
  • 素直な音が出ると評判。
  • パッチケーブルとして使用するには最適

 

まずかさばらないですね。そして、演奏の邪魔にならない。

 

音も良い。音に関しては好みがありますし、通常のシールドケーブルも良いものが多くありますので甲乙はつけがたいですが、良いです。

 

やはりパッチケーブルとして使用するのに最適でしょう。

  • エフェクター同士が近くても邪魔にならない
  • 好みの長さで作れるので、好きなようにエフェクターの配置が出来る
  • 頻繁に動かすことはないと思うので、コネクタ部のゆるみなどを気にせずに済む

 

僕はベースがメインなので、エフェクターボードに多数のエフェクターを並べるようなことはなかったです。

 

ですが、ギタリストだったら間違いなくボード内はソルダーレスケーブルで組んだでしょう。

 

すっきりするし、配置もしやすい。

 

コネクタを変えたり、ケーブルを変えたりいろいろな組み合わせで音作りの幅を広げられる楽しみも魅力ですね!

実際にケーブルを作ってみよう!【5分で出来る!】

 

フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルのケーブル ストレート型の製作の説明画像フェニックスカポ社ソルダーレスケーブルのケーブル L型の製作の説明画像

まずはケーブルの長さを決めよう!

製作したいケーブルの長さを決めます。今回は試しにケーブルを15cmでカットして作成してみます。

ケーブルを15cmでカットする画像

 

 

コネクタの説明画像

 

 

 

 

製作後のケーブル長さを測った画像

 

実際にコネクタをはめてみるとケーブル部分は-4cmになりました。

 

+4cmでケーブルをカットしたら、お好みの長さになりますね!

 

カッターの説明画像

 

 

いくつか刃がついていますが〇の部分を使用すると綺麗にカットできます。

ウルとま
指をきらないようにね!

 

カッターの使用の仕方を説明した画像

 

ジャックを【ストレート】か【L】か決めよう。

付属のコネクタはストレートもL型もどちらにも使えるコネクタですので、こちらのセットでどちらも製作可能です。

 

パッチケーブルにするなら両方ともL型することが多いかと思います。

L型とL型の製作後の画像

 

 

 

L型コネクタの作り方の説明画像

 

 

ネジを締め付ける画像

 

なっしゅびる・げっつ
ネジが小さいので無くさないように気を付けてね!

 

ストレートのコネクタを制作する際の注意点の画像

 

 

完成!

完成です。実質1本製作するのに5分もかかりません。

 

あっという間に完了です。

 

3パターンのパッチケーブルの画像

 

なにも難しいことはないし力のいることもありませんでした。

 

誰にでも出来る簡単なものですので、試してみてくださいね。

フェニックスカポ社の裏話【いや、むしろ必見!】

フェニックスカポ社の感謝の手紙の画像

 

 

低価格のひみつ

 

 

フェニックス社はロゴを商品に入れていません。

印刷コストを削減することで低価格にて商品を提供できるよう心掛けています。

ロゴ入りのかっこいいものを作るよりユーザー様に低価格にてより良いものをお届けしたいという理念です。

 

 

※直接頂いた言葉から、僕なりのニュアンスに少し変わっています。

 

確かに、フェニックスさんの商品にはブランドロゴがありません。

 

それは、こういったお客さん目線に立ってのことだったのですね。

 

ウルとま
感動した!こういう考えで商品を開発、販売している方から買いたい!!

 

心底感じました。僕自身もともとブランド志向などはないので物を選ぶ基準として

  • 気に入ったもの
  • 尊敬できる【人・店・会社】が販売するもの
  • 品質に問題ないもの

を選ぶようにしています。

 

特に、【流行りのもの】・【ブランドもの】・【皆が持っているもの】これらは真っ先に除外されます。

 

例外として、皆が持っていても気に入って良いものなどは手にしますが。

 

ロゴがないことで気になったこと

まず頭に浮かんだのが海外から安く仕入れて販売するビジネスなのかな?と。

 

なにをなにを失礼なことを考えてしまっていました。

 

自社提携工場にて、製造しています。

 

と聞いて正直びっくりしました。そして反省。

 

今まで、多くの「金もうけ主義」な楽器屋さんを見てきました。ビジネスをする上で利益を追求することは「善」

 

というか当然のことでしょう。ですが、あからさまに安く買い取り、高く売っているお店をみるとちょっとげんなりしていたのが事実です。

 

そんな中、フェニックスさんにはこのような言葉を頂き、僕は凄く嬉しく思いました。

 

そしてまたフェニックスさんの商品を買いたいと思いました。

 

人の心をつかむのは容易ではありません。同じ言葉でも相手がどう捉えるかにもよります。

 

ウルとま
世の中捨てたもんじゃないですね♪

 

Phoenix ソルダーレス パッチ ケーブルはこちらからどうぞ。


フェニックスカポ社製ソルダーレスケーブルのまとめ

実際に手に取って製作してみてレビュー記事を書きました。

パッチケーブル1本でも音は変わります。使い勝手もそれぞれ違います。

高ければいいというものでもないし、安いから悪いということもありません。

実際に万越えのシールドを使用した時に、イマイチしっくりこなかったこともあります。

カゴセールの数百円のケーブルを買ったときもすぐにノイズまみれになりました。

なにが良いかは実際に使ってみないと分かりませんね。

今回レビューさせて頂いたフェニックスさんの【ソルダーレスケーブル】は価格、使用感、音ともに大変良いものでした。

ぜひとも多くの方に手に取っていただいて、ソルダーレスケーブルの良さを知ってもらえたらいいなぁと思いながら書きました。

 

ウルとま
今回は【フェニックスカポのソルダーレスケーブルをレビュー!5分で完成!】についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ画像

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」