音楽理論

ペンタトニックスケールをまずは覚えよう!なぜならアドリブに強い!

ペンタトニックスケールの記事のアイキャッチ画像

スケールと一言で言っても、たくさんのスケールがあるので、どれから手を付けたらいいか悩んでしまいがち。

 

数あるスケールの中でまずは覚えておくと良いスケール「ペンタトニックスケール」を分かりやすく、解説していきます。

 

どんなスケールがあるのかな?そもそもスケールってなに?って方はこちらをどうぞ。

こちらもCHECK

スケールってなに!?代表的なスケールを覚えてギターの胃袋を掴め!

前回は音楽理論の基礎について簡単に説明しました。そんなに難しくなかったでしょ? まだの方は一度ご覧ください。今回は重複する部分も出てくるかと思います。 こちらもCHECK   今回はもう少し ...

続きを見る

 

ペンタトニックスケールってなに?

名前にはそれ相応の意味や仕組みが込められています。ペンタトニックスケールもまさにそうです。

 

Pentagon[5角形]が由来です。

 

ポイント

5つの音で構成されたスケール=ペンタトニックスケール

 

まずは覚えておくべきペンタトニックスケールを見ていきましょう。いくつか存在するペンタトニックスケールですが、ひとまずはこちらの二つを抑えましょう。

 

キーはCで記述します。

メジャーペンタトニックスケール

Cメジャーペンタトニックスケールの構成音の写真

 

Cメジャーペンタトニックスケールをギターの指板で抑えるポジションの画像

 

ポイント

Cメジャースケールからファ(4度)とシ(7度)の音を抜く!

 

音名やポジションだけで覚えようと思っても、少し使わないで時間が経つと「ころっ!」と忘れてしまいます。

 

ですから、4・7を抜く!と一緒に覚えましょう!そうすれば忘れにくくなります。

マイナーペンタトニックスケール

Cマイナーペンタトニックスケールの構成音の写真

 

Cマイナーペンタトニックスケールをギターの指板で抑えるポジションの画像

 

ポイント

Cナチュラルマイナースケールからレ(2度)とラ(6度)を抜く!

 

マイナーもメジャーと同様に、抜く音(2・6)を覚えておきましょう。

 

ロックなど使われるのは、こちらのマイナーペンタトニックスケールが一般的です。

 

単に「ペンタトニック」というと、マイナーペンタを指すことが多いです。

 

なっしゅびる・げっつ
僕はほとんどペンタ一発でアドリブしてるよ!ハハハっ!

 

なんてプロのインタビューを聞いたことはないでしょうか?こういう場合はほどんどがマイナーペンタを使用しているということですね。

なぜペンタトニックスケールを最初に覚えた方がよいのか?

  • 通常スケールが7音のところが「5」音で出来る
  • スケールを適当に弾いても、メロディーになる
  • アドリブがしやすい

 

5音のメリット・デメリット

デメリット

分かる人が聞いたら、ペンタ使ってるな!と分かります。手の内がバレた!?的な気持ちになります。

 

ですが、敢えて「ペンタ」を使うのも効果的です。なじみ深い音というのは、受け入れられやすからです。

 


使う音が少ない分、被りやすくパクリ?的感覚になることも?

 

音源として残す際には、そっくりフレーズさんにならないように気を付けましょう。

 

ライブや練習などでアドリブする際には特に気にすることもないです。その時で流れていくので。

 


メリット

 

選択肢が少ないということは、シンプルに出来ます。慣れたら特に考えなくてもアドリブができるようになります。

 

「手癖」と言われるものですね。しかし、手癖に頼り過ぎたり、手癖ばかりで弾いていると引き出しが広がりません。徐々に引き出しを増やせるようにしていくことは忘れずに!!

 


音数が少ないということは、音の間隔が7音に比べたら広くなります。

 

一見、難しくなるように感じるかもしれませんが、ミスをした時などに誤魔化しが効きます。

 

プロは間違えないのではなく、間違えたとしても誤魔化すのが上手いんです。ハンマリングやプリング、グリスなどで馴染ませる技です。

 

適当に弾いてメロディーになるの?

ギター1本で弾いても分かりづらいかもしれません。実際に曲に合わせて弾いてみてください。

 

まずは上がって下がるだけでOK!意外とそれっぽくなりませんか?

 

キーだけはしっかりと抑えておいてください!キーにあったペンタを使わなければ、おかしな音になります。

 

注意ポイント

曲のキーはしっかり暗記しておこう!キーさえ合っていればなんとかなる!

アドリブがしやすい理由

曲は様々なコード進行を繰り返して創られています。コード音だけを追っていても悪くはないですが、音の広がりが出ません。

 

そんな時に、キーだけ見てペンタを使用することが出来ます。細かいことは気にせずにガツンとペンタをかませるのです。

 

ポイント

様々なコード進行に、1スケールで対応出来る。

ペンタトニックスケールの使い方

ここまでで、ペンタトニックスケールについての知識はばっちりですか?

 

なっしゅびる・げっつ
知識だけ得ても意味がないじゃん!どうやって使ったらいいの?

 

実際に弾いてみないとわかりませんね。では有効的な使い方をみていきましょう。

ペンタトニックスケールが使える場面

曲の構成によって、使える場所というのは様々ですがおおよその目安としてこれらが使える場面と言えます。

 

  • 歌メロがない部分(イントロ・間奏・ソロ・アウトロ)
  • 歌メロの後ろでも、メロの邪魔にならない程度の装飾音として
  • セッションなどの即興でのソロパート

 

基本的に短音での演奏になることが多いと思います。

 

歌メロがある曲では、歌メロの邪魔になるようなフレーズは控えなければ、どこが聞かせどころか分からなくなります。

 

ですから、使う場面はしっかりと見極めましょう。

 

ソロパートなどでは、思いっきり前へ出ていくつもりで攻めるのもありです。しっとりとした雰囲気でのペンタもありですね。

 


ジャズ、フュージョンなどのインスト曲や、コード進行のみ決めてセッションする際は、使用箇所満載です。

 

たまに最初から最後までずーっと主張してしまう方もいますが、全体で聴くと正直、「邪魔」の一言になってしまいます。

 

出る場面ではガンガン前へ出て、サポートに回る際は他の楽器を盛り立てる演奏をするように、演奏しながらも周りがどう動いているかをしっかり聞く意識を最初からつけておくことをおすすめします。

 

違う言い方をすると、周りの音が聞けないバンドマンは3流です。バンドで一つの音楽を作るという意識は持っていなければなりませんね。

あまり多用しない方がいいこともある

取っ付きやすいし、使用しやすいペンタトニックスケールですが、多用しすぎると同じような曲ばかりに聞こえてしまいます。

 

ここぞというポイントで使う見極めが必要です。こればかりは経験とたくさんの音楽を聴くことです。

 

現在、世の中に出回っている様々な優れた音楽には、勉強すべきことがたくさん詰まっています。

 

勉強する音楽の聴き方

  • 曲中でどんな音の使い方をしてるか?
  • どういう構成で今はどのパートがメインなのか?メリハリポイントを聞き分ける
  • 各パートごとの駆け引きを想像しながら聞いてみる

 

そして、一概には言えませんが、好きなバンドだったり、ジャンルに偏って聞いてしまうことが多いと感じます。

 

僕自身も、偏りのある音楽の聴き方をしていました。好きな音楽しか聴かないと。

 

それにより、何度も指摘を受けました。音楽が聴き足りないと。引き出しが少ないというのは、あまり多くの音楽に触れていないということになるのです。

 

無理やり聞く必要はないのですが、多くのものを得ようと思ったら、多くの音楽を聴くことが必須です。

フレーズで解説「使用例」

こちらは確かに分かりやすく、練習フレーズや練習の仕方等、詳しく説明されているので、おすすめです!

 

書籍版

 

 

ぷりんと倶楽部版

ぷりんと倶楽部に関してはこちらもどうぞ。

こちらもCHECK

ぷりんと楽譜についての記事のアイキャッチ画像
弾き語りをしたい!「ヤマハのぷりんと楽譜」が便利な理由。

てらすみ・ぎもん弾き語りがしたいけど、耳コピ出来ない・・・ 分かりやすい楽譜がいい! 無料のコード譜もいいけど、やっぱり譜面が欲しい!   そんなあなたへおすすめするのは「ヤマハのぷりんと楽 ...

続きを見る

 

実際に映像で見ながら、聞きながらフレーズ練習が出来る上に、ネットで今すぐにでも手に入るこちらは手軽でなおおすすめです。

 

全部で5つの項目に分かれています。ぷりんと倶楽部であれば、1セクションごとに購入も可能です。

 

まずはこちらの「基本」を試してみて、行けそうであれば次という進め方も良いかもしれませんね。

 

教則本を買ったのはいいけど、理解できなくて結局本棚の住人になってしまわないように。

【宇宙一わかるペンタトニック・スケール】1. 基本フォーム (白黒)

 

有名代表曲を紹介(譜面あり)

Led Zeppelin [Stairway to Heaven (Remaster)]

 

超有名曲です。初めて聴くのであればチャンスですよ!

 

5:55からがギターソロパート。

 

キーはAm。ペンタトニックスケールを使ったギターソロとしても有名です。

 

難易度は☆☆☆くらいでしょうか。そんなに難しいフレーズでもないので、とっつきやすい良い練習曲になりますよ!

 

譜面はこちら↓

Stairway To Heaven / Led Zeppelin


Eagles [Hotel California]

 

曲は1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

4:20から、ペンタトニックスケールを使ったギターソロです。

 

キーはBm。

 

ギター仲間がいるのであれば、二人で弾いてみたらどうでしょうか?どちらのパートもペンタトニックスケールを使ってのソロですので、一緒に習得出来るかも!?

 

譜面はこちら↓

ホテル・カリフォルニア / Eagles

ペンタトニックスケールについて[まとめ]

今回はペンタトニックスケールについての解説でした。

 

分かりにくいところや、ここはどうなの?なんてところがありましたら、お気軽にコメントください。

質問をもらえるというのは、僕自身にとっても勉強になることですので、ドシドシお待ちしてます。

 

まとめ

まずは、ペンタトニックスケールは使用頻度が高く、様々な場面で使用しやすいということ。

最初に覚えておいて得しかありません。なにか一つ出来るようになることで、その先へ進む自身にも繋がります。

ですから、難易度の高すぎないペンタトニックスケールをおすすめしました。

代表曲を2曲上げていますが、その他にも多々存在します。

多くの音楽を聴いて、たくさん吸収しちゃってください。

  • ペンタトニックスケールの使用箇所
  • 使用の仕方
  • 出来ればコピーをしてみよう

これらを、目安にしてみてください。必ず習得し、アドリブソロもガンガン弾くことも近いですよ。

 

ウルとま
今回は「ペンタトニックスケールをまずは覚えよう!なぜならアドリブに強い!」についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

\この記事はいかがでしたか?/