プロフィール

ベースの「べの字」も知らない中学生が、初めてベースを手にしたその日。そこから、僕の音楽人生は始まりました。

きっかけは、兄が持って帰ってきたベース。

3つ年上の兄がいます。学園祭でバンドをやるということで、ベースを持って帰ってきたのです。

サイトのアイコン画像
名前ウルトラとまと
職業サラリーマン(製造業)
年齢アラフォー
趣味音楽(聴く・弾く・歌う)・YouTube徘徊
住まい広島
楽器歴ベース 20数年(あまりはっきりと覚えてない・・・)
ギター 12年 (弾き語り専門)
DTM  20年 
歌    3年 (なにを隠そう、コーラスが出来なくて
        バンドをクビになりそうになったことも・・・) 
自己紹介
ウルとま

どーも!ベース歴20数年、現在も弾き語りや楽曲製作、DTMを行う「ウルとま」と申します。

兄のベースをこそこそと隠れ弾きしながら、始まった音楽生活が、こんなにも長く自分の人生の大部分を占めるものになるとは、その時は思いもしなかったです。

本職は、ごくごく普通のサラリーマンですが、楽しんで音楽に関わっています。

一生楽しめる趣味となり得る音楽を、一緒に楽しんでいきませんか?

現在の活動

サラリーマンをしながら、副業として「音楽」をやっています。

このブログは、そんな音楽について書いています。

あなたの参考になることが、一つでもあれば幸いです。

「まことばこ~真箱~」について

ずーっと好きでやってきている「音楽」のことを書いています。

メインはやはり「ベース」です。僕の人生の大半を「ベース」に費やしてきましたから。

最初は苦手で避けてきた「歌」のことも、書いていきます。

「トラウマ」レベルの「歌」を克服していく過程を、書いていくので「これから何か始めたい!」と思うあなたと共に成長していけたらいいなと思います。

苦手なことはお任せを!

※現在、受付ページを作成中ですので、少々お待ちください。

お急ぎの方は、「ウルとま」へお気軽にご連絡ください。対応させてもらいます。

受け付け内容

  • ベースの演奏(生音)
  • オリジナルベースラインの作成
  • 弾きたいベースの採譜
  • DAWによるドラム作成
  • 録音済みのボーカル音源のノイズ除去・ピッチ修正

音楽関係のことでわからないところ・苦手なところ・手間を掛けたくないことなど、あなたの代わりにお手伝いさせてもらいます。

徐々に対応出来る事を増やしていきますので、ご希望・ご要望はなんなりと伝えてくださいね。無理なものは無理と言いますのでw

参考音源や、参考動画も作成中です。お待ちください。

今までしてきた音楽の経験

初めてベースを手にしてから、20数年経っています。

20年もあれば、いろいろな経験もあったんだろうな?という想像は出来るかと思います。

手持ちのお金が100円しかなくて、水を買うか?おにぎりを買うか?

そんな選択に迫られたこともありましたね。

ミュージシャンの話で耳にすることがあるかと思いますが、本当にそんな生活をしている僕もいましたし、周りもそんな感じでした。

そういう時代と言えば、時代かもしれませんね。

ウルとま

それにしてもひもじい・・・今思い出しても、ひもじい・・・

経歴

これまでの経歴も書いていきます。

ざっくりと。

音楽経歴

ベース

  • バンド歴20数年
  • オリジナル楽曲バンド歴10年
  • 正式メンバー、サポートメンバー含め10以上のバンドに参加
  • フェス参加経験あり
  • Bar バンド経験あり
  • オリジナルアルバム1枚、シングル5枚、

弾き語り

  • 弾き語り歴8年

ボーカル

  • 現在、ボイトレ中

楽曲製作

  • DTM歴 20年
  • 曲配信経験あり

ベーシスト

ジュディマリのコピーバンド高1からバンドを始めて、高2の夏休み、ライブハウスで人生初ライブ!
高校生オリジナルバンドコピバンでのライブ終了後、オリジナルへ転身。
ギタリストはかなりの音楽マニアで、どんどん作曲をしていく。
ついていくのがやっとだったのは、内緒のお話。
地元のライブハウスで、ライブ活動をこなし、最後にワンマン決行!
初のベースサポートでライブ(キャパ500)高校卒業後、上京前に地元先輩バンドが東京のイベントに参加。
ベースの方が、仕事で出れないということで、急遽サポートをすることに!
やる?やらない?の選択で、迷うことはなかった。即答で「やる!」と。
ラジオにも出ていたバンドだったから、ビビってたけど、本当に楽しかった。
初めてサインを書いた日。
サポートの為、控えめにね。
上京し、音楽一筋に!地元の仲間たちとそのまま上京。
新しい土地で、新しい生活、変に上手く転がり始めた活動についていけず・・・
やむなく解散。
上京して、半年のこと。
武者修行ベーシストバンド探しの旅が始まる。
メン募などで、10以上のバンドに参加。
掛け持ち3バンドの時もあった。
しかし、どれも長くは続かなかった。
のちのバンドのメンバーとの出逢いがこの中にあった。
厳しい現実を突きつけられたバンドくるりの元ドラマーが参加していたバンドのギタリストが、立ち上げたバンドに参加。
このバンドのボーカルと、のちにバンドをすることをこの時は思いもしなかった。
志の高い人は山ほどいる。上には上がいる。
厳しく優しく温かく、ダメだしをくらい、ひたすらいろんな音楽を聴き漁った。
それでも、ギタリストの理想には届かなく、解散。
大学生バンドへ加入2年ほど続いたバンド。
大学のサークルのスタジオを借りて練習していたため、スタジオ代は掛からなかった。
ボーカルの歌と声と、楽曲に惹かれた。
しかし、今度は僕の意向とは合わなかった。
セルフプロデュースバンドライブブッキング、グッズ作成、HP運営、レコーディング、遠征
すべてを自分たちで運営していたバンド。
多くの経験は、このバンドで培った。
月2・3本のライブを、渋谷・下北を中心に活動。
2回の東名阪ツアーを行う。

ミニアルバム4枚製作。

バンド活動は、これが最後。
BarでのセッションバンドBritishバーで、お酒を飲んでいるお客さんを楽しませる仕事。
オールディーズロックのカバーを中心に演奏していた。
なにより一番楽しんでいたのは、自分だったと思う。
当時の彼女がライブに来た際、僕のビールを一口ごくり。
・・・マスターが鬼の形相で飛んできた!!!
「FxxU!!」「FxxU!!」しか、聞き取れなかったけど、怒っているのは分かった。
バンド用にタダで出してくれたドリンクを、飲ませたということで、激怒!
それ以来・・・この先はご想像にお任せします。

こんな感じでいろいろと経験してきました。

早くからオリジナルをやっていたのが幸いで、どんなバンドに行っても、弾ける自信はありました。

ただそれも「井の中の蛙」

もっともっと練習して、もっともっと勉強して、研究している人は山ほどいました。

そりゃね、耳の痛いことも言われたし、喧嘩もしたし。

すべてが良い経験だったと今では思えます。

出来ようが出来まいが、その時点では、あまり関係ないというのが僕の持論です。

ウルとま

やるか?やらないか?

そして、やったものだけが得られるものがあるはず。

「やりたいけど・・」なんて悩む時間があるなら、まずはやってしまえ!

そんな考えで突き進んできました。

弾き語り

バンド解散後、一人で音楽が出来るように弾き語りをしはじめました。

歳を重ねると仕事もあるし、家庭を持つ人も増えてきて、予定を合わせるのも難しくなってきます。

そして、今でも弾き語りをしています。

最初のライブは、野外フェス。

すべて自分ひとりで、人前でパフォーマンスをするのは、本当に緊張しました。

「怖かった」という感情のほうが強かったですね。

しかし!!!

ウルとま

「目立ちたがり屋」という自分の性格には、合っていたのかもしれない。

ボーカル

ボーカルについては、はっきり言って、苦い思い出しかないんですよね。

高校生バンドの時から。

コーラスが苦手で、バンドを「クビ」になりそうにもなりました。思いっきり喧嘩もしました。

コーラスが出来ないがゆえに・・・ね。

そんな「歌」は、出来るだけ避けて通ってきたけれど、いつしかそんな苦手な歌を克服してやる!!!と思える日が来ました。

でも、2つほどボイトレ教室に通ったが、長続きしません。

ウルとま

だって、面白くなかったんだもん。

自分の捉え方や目標設定が、影響しているのは間違いないんですがね。

それでも、普通に教室に通っていても、楽しいとは思えなかったんです。

今のオンラインボイトレでは、ホントに楽しく、成長していると実感できる。

それも、人生経験を積んできたからかもしれない。

今が、学ぶべき体制が出来ているのかもしれない。

ウルとま

年齢なんて関係ない!

自信もって言いたいです!

だって、僕がやってますから!

好きな音楽

ロック全般(邦楽・洋楽問わず)特にBritishロックを好む。
はやりバンドサウンドが好き。
激しいものから、バラードまで。

・The Beatles
・Oasis
・Radiohead
・Blur
・Red Hot Chili Peppers

・中島 卓偉
・MIYAVI
・小林 太郎

etc…
Fank・Jazz・blackmusicベースを弾く際に大いに影響を受けたジャンル
セッションに参加する時は、これらのジャンルがほぼほぼ。
即興演奏は、マジで楽しい!!

若い頃から、いろいろな音楽を叩き込まれてきた為に、偏見などはまったくと言っていいほどありません。

良いと思えば、どんなジャンルでも聞いてきたし、聞くべきと言われれば、とりあえず聞いてきました。

最近は、インプットが足りないので、もっと貪欲にいろいろと聞いていきたいと思います。

ウルとま

声を大にして言いたい!

音楽に関わるのであれば、より多くの音楽を聞くべき!

様々なジャンルの音楽を広く聞くべき!

聞かなければ、自分のものにはならない。

使用楽器・機材の紹介

現在使用中の音楽機材と楽器、以前使用していたものなども紹介していきます。

現在使用中の音楽機材

ベース4弦ベースVelvets 
ベースアンプSWR LA8
使用ベース弦ELIXIR45~105
アコースティックギターシングルカッタウェイRosso
使用ギター弦DADDARIOXT Acoustic 80/20 Bronze 12~53
シールドGEORGE L'S RED
I/oPresonusio station 24c
モニタースピーカーJBL104BT-Y
モニターヘッドフォンaudio-technicaATH-SX1a
コンデンサーマイクSennheiserMK4
DAWソフトPreSonusStudio One 5 Professional
お気に入りプラグインSSD
iZotope
SSD5(ドラム音源)
全般

一人で一曲の制作を完結できるように、「使いやすいもの」「気に入ったもの」を選んで使用しています。

ベースだけは、高校時代に買ったものを1本使い続けています。

その他機材は、その都度気になったもの、使いやすそうなものを使用していくようにしています。

楽器は、年を重ねていく毎に、深みを増していくものですが、機械類は常に新しいもの、進化したものが出ていきますからね。

「アップデートしていかないといけない」という考えです。

まぁ、壊れもするし、古いものは使えなくなっていきますしね。

過去使用楽器・機材も紹介

初めてPCを購入したのは、上京時。

なっしゅびる・げっつ

これからの時代は、PCだ!

という話を高校時代にしていて、さっそく購入しました。

今のように身近なものではなく、WindowsのデスクトップPCで20数万・・・そんな時代よ。

今ほど情報もなく、先輩にいろいろ聞きながら弄ってました。

最初からずっとCubaseを使ってきたので、Cubaseに慣れていたんですが、今はStudio Oneをメインで使用しています。

ベースFender
MUSICMAN
Jazz Bass
StingRay
エレキギターEpiphone
Sonix
wildkat
SG
シンラインテレキャスター
アコースティックギターTakamineジャンボ
I/oAKAIEIE
ベースアンプTRACE ELLIOT
Fender
1X10 Cabinet
Bassman
ギターアンプYAMAHA
Roland
Fennder
THR 10
AC-33
mustang
モニタースピーカーALESISELEVATE3 MKII
コンデンサーマイクaudio-technica
Blue
AT2035
Spark (オレンジ)
DAWソフトSTEINBERG
Cubase
Logic

etc...

使っては売って。買い替えてと繰り返してきました。

「これがすべてにおいて優れている!」

そんなものはありませんでした。

どれにも良さや売りがあり、劣るところもあります。

自分はどのようなものを求めているのか?

これが一番の機材選びのポイントだと思います。

最後に

僕はやはり音楽音楽が好きです。そして、ここまでご覧いただいたあなたも「音楽」が好きですよね?

一人もしくは、バンド活動において苦手な部分は、外注する方は非常に増えているのが、これからの時代です。

自分の得意分野へ時間を使い、それ以外は外注していまうのは、人生で一番大事な「時間」を活用することが出来ますよね。

そんなあなたの力になりたいと考えています。

なによりも「音楽」を続ける。楽しむ。熱中する。そんな多くの人たちと繋がりたいと思います。

お時間がある時にでも、また遊びにきてくださいね。