Voice

消音・防音「ミュートマイク」を安く自作!「300円」で製作してみた。

ミュートマイク記事のアイキャッチ画像

自宅で歌の練習をしたい!

 

でも、大きな声が出せないし…

 

出来る事なら、お金もあんまりかけたくないなぁ…

 

そんな風にお考えの「あなたへ向けた記事」となっていますよ。

 

結論

少し手間は掛かるけど、自作で作れば格安で済みますよ!

 

なっしゅびる・げっつ
最近は「ミュートマイク」なんて代物が流行ってるんだって!?

 

ウルとま
ちょっと観てみようか。

 

 

カラオケを一人で楽しむならいいかもしれないけど、マイクはいらないし・・・

 

ウルとま
録音するとこもってしまうみたいだね。

 

録音は出来なくてもいいから、外に漏れないように、声だけ小さくしたい!
なっしゅびる・げっつ

 

歌を練習中のあなたへ「格安」かつ「簡単」にミュートマイクをつくっちゃおう!という内容になっています。

 

唄を練習中のあなた。少しでも多くの練習時間と、楽しむ時間を自宅で、作れるようにしませんか?

 

お時間のある時にでも、のぞいてやってください。

 

 

ミュートマイクを格安で自作してみよう!(準備)

今回はこちらの動画を参考に作ってみました。東本先生お借りします。

 

 

細かい作り方等は動画が分かりやすいので、一度ご覧ください。

揃えるもの。「300円(税抜き)」で済む!

 

自作ミュートマイクに必要なモノを紹介する画像

揃えるもの

  • メガホン
  • スキマテープ(5メートル)
  • マット
  • タオル
  • ヘアゴムや輪ゴムなどの止めるもの。(画像には載ってませんが。)
  • ガムテープ
  • はさみ

 

  • メガホン
  • スキマテープ(5メートル)
  • マット

 

こちらの3つは100均で取り扱いのものです。それ以外は家にあるもので出来ちゃうんですね!

 

メガホンが100均によっては意外と置いていなかったりするのでリンクを貼っておきます。宜しければ見てみてください。

 

最終的な外観はタオルで覆われるので、凝るならタオルだけです。他のものは見えませんから気にしなくてOK!

 

我が家には良さげなタオルが無く、ジミーなものになりましたが・・・

100均での選ぶポイント

メガホン

メガホンはミュートマイクの母体となります。

 

そのままの形で使用するわけでなく、ハサミで切って使用するのであまりゴツイものでないほうが扱いやすいです。

 

軽いほうがいいですしね。

 

ポイント

「防音=ゴツイ」ではありませんのであしからず。

ハサミで加工しやすいものを選びましょう!

スキマテープ(5m)

窓の隙間を塞ぐ「スキマテープ」でOK!

  • 厚み
  • 長さ
  • 太さ

 

これらが迷いやすいところです。僕自身少し悩みました。

 

ポイント

長さ重視!

20cm~25cmのものを20本程使用するため、5mくらい必要になりますよ!

マット

このマットというのもどんなものがいいのか正直分かりませんでした。

 

いろいろ見た結果、僕は扱いやすそうなものを選びました。結果オーライです。

 

これまた「ふかふかのごっついほうが良さそうだな?」なんて思いませんか?

 

マットも切って使用しますので、扱いやすいもので良いでしょう。

 

選ばない方が良いもの

中に綿が入っているようなものは避けた方が良いでしょう

切った際に、まき散らすことになります。

作ってるのか散らかしてるのかわからなくならないように!

安っぽいのは嫌!見た目を気にするなら?

最終的な外観はタオルで覆われてしまいます。

 

はっきり言って中は何も見えません。

 

気分を揚げるためにちょっとおしゃれにしたい!

あまり安っぽく見えない方がいい!

なによりも見た目が大事でしょ!?

 

そんなあなたはタオルに凝りましょう!

 

タオルです!

 

気にしないのであればどんなタオルでも良いですよ。

 

ウルとま
確かにおしゃれなタオルで巻いたら、部屋に置いておいても様になるね。

ミュートマイクを格安で自作してみよう!(製作)

前述しているとおり、細かい流れは動画の方が分かりやすいのでまだだったら先にご覧くださいね。

 

実際に作ってみて、ポイントとなるところを挙げていきます。ここを押さえておけば、ほぼほぼ大丈夫なようにしていきます。

メガホンのカットの仕方

市販されているミュートマイクを観てもらうと分かりますが、口元にフィットしやすいよう「R」になっています。

 

ここは人それぞれ顔の形が違うので、あなたに合った形にするようにしましょう。

 

僕が製作したこちらは少し「R」が足りなかったです。最終的にタオルを巻くのでもっと深めにとっても良かったです。

 

ウルとま
この状態で口元に当てる際にはケガしないようにね!

ミュートマイクのメガホンのカットの仕方の説明画像

 

スキマテープとマットは豪快に!!

この二つで消音・防音効果を発揮します。

メモ

目的は消音・防音です。細かいことは気にするな!

スキマテープ

やってみたら分かると思いますが、はっきり言って綺麗に整ってるとは言えない状態になります。特にスキマテープ!

ですが、なにも気にすることはないですね。むしろ豪快に大胆にガンガン張ってしまうくらいでいいですよ!

スキマが無いようにだけ気を付ければ問題ありません。

マット

半分に切ってメガホンのように丸めて、スキマテープを張ったメガホンに差し込んでいきます。

 

マットも細かいことは気にしない!!

 

僕が作ったものも片側が短くなってしまいました。余ったものを貼って付け足しておきました。なんの問題もないですよ?

 

あとは抜け出してこないようにしっかりとガムテープで止めておきましょう!豪快にね!!!

タオルでおしゃれも良し

 

自作ミュートマイクの完成画像

最後にタオルを巻いてゴムで止めて完成です。

 

タオルの役割は口元の保護と吐息で濡れるのを吸収することです。あとはおしゃれ!

 

ずっと同じものを付けているより定期的に交換して清潔にしたいですね。ですから僕は今回はこれで良しとしました。次はもうちょっと洒落たものを巻きます。

 

全体的に覆えていればオッケーでしょう。

 

なっしゅびる・げっつ
可愛いゴムを付けるなんてのもいいかな?渋く攻めるなら輪ゴム?

実際に使ってみた感想。

これで大丈夫なのかな?というのが本音でした。

 

使ってみてびっくり!「こりゃイケるわぁ!!!」と大声で叫んでしまいしたよ。

 

我が家は外の音も聞こえてくるし、子供にはうるさいと言われるわで肩身の狭い思いをしていました。練習できずにもどかしい日々が続いていました。

 

これからはこの「ミュートマイク」で気兼ねなく練習が出来ます♪

 

ご近所さんや外にも家族にも、気をつかわずに本気(マジ)で練習できますよ!

少し慣れが必要

消音・防音には最高でした。

 

ですが、少し気になるところもあります。慣れれば問題ないと思います。

  • 呼吸をするのにコツがいる
  • こもった小さな声に聞こえる
  • ずっと持っていると別の作業が出来ない

これらが気になった点となります。

呼吸(ブレス)

口元だけ覆うので「オール鼻呼吸」であれば問題ないかもしれませんが、一気に早く多く吸い込みたい時には口で吸うことになると思います。

 

ずっと口元に押さえつけたままだと酸欠で倒れそうになりますのでご注意を!(私はクラクラきました・・・)

 

逆にブレスへの意識が強くなり良いのでは?と思いましたよ。

 

サッと離して、ズバーッと吸ってサッと戻す。すぐに慣れます。安心してください。

声がこもる

こればかりはしょうがないでしょうね。「どうしても歌いにくい!!キーーーーッ!!!」となったら、小型のマイクを反対側から差し込むのもありでしょう。

 

実際の「カラオケ用ミュートマイク」は、マイクが仕込まれていますしね。

 

僕の目的として「ボイストレーニング」をメインとしているので、発声練習や歌いまわしの練習などですから気持ちよく歌うことは置いといてっという感覚で使っています。

 

注意ポイント

こもるからと大声を出し過ぎて喉を傷めないように!

「ながら」練習が出来ない!

何かをしながら歌の練習にミュートマイクを使いたいと思いますか?

 

はっきり言います。

 

はい。諦めましょう。

 

歌の練習に集中しましょう。

 

以上!!!

格安ミュートマイクを自作[まとめ]

今回は自作で『ミュートマイク』を作ってみました。

 

用途として、『歌の練習』というあなたにおススメしたいです。

 

カラオケを自宅で楽しみたいという方には、こちらのミュートマイクは向いていないかもしれません。

 

気持ちよく歌うのがカラオケですからね。

 

マイクを仕込むとなったら、別途マイクを用意する必要も出てきますし。

 

現在僕はボイトレを日々行っています。

 

  • 少しでも声を出す時間が長く欲しい。
  • 周りを気にせずに声を出したい。
  • 大きな声で練習したい

 

そんな思いでやっています。

 

あなたも『歌のテクニックをあげたい!』という目的であれば、こちらのミュートマイクは、格安で出来るのでかなりお勧めですよ!

 

一緒に頑張って楽しんで上手になりましょう!

 

ウルとま
今回は「消音・防音「ミュートマイク」を自作!格安でできちゃう!?」についてでした。でぁ。また。

ウルとまのロゴ画像

最後まで読んで頂きありがとうございました。ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 ベースについての知識を余すことなく、発信していきます。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」