Voice

カラオケでの歌の練習は良くない?良くない3つの理由と、攻略法。

カラオケでボイトレをする時の適正な使用方法記事のアイキャッチ画像

ボイストレーニングを行う上で、「カラオケ」は、良い練習場所ではないでしょうか?

・大きな声を思いっきり出せる!

・好きな曲が「カラオケ」で、流しながら歌える!

・単純に楽しい♪

などと、良い面、楽しい面がたくさんある「カラオケ」です。

しかし、「カラオケ」で、ボイストレーニングを行うことは、おすすめ出来ません。

逆に言えば、カラオケで、楽しく歌を唄うことには、なんの問題もありません。

楽しむ時は、思う存分楽しみましょう!

ボイストレーニングという観点から見ると、あまりお勧めできないということです。

「カラオケで練習する良くない理由」3点と、攻略法を書いていきます。

カラオケが、最高の練習場所だよ!と思っているあなたの参考になれば、幸いです。ぜひ、ご覧ください。

自宅で練習したい!という方に最適のミュートマイクの自作もしてみました。

合わせて読みたい

カラオケでの歌の練習が良くない理由(1)カラオケで使用するマイク

カラオケに設置されているマイクの特徴を簡単に言うとこうなります。

ポイント

良くない発声で出す声も、拾ってしまう。

一見すると、良いことのように思えてしまうかもしれません。

しかし、ボイストレーニングをしている時には、「実際のあなたの声」を分析することが、必要になるんですね。

ということは、「響きの無い、抜けない声」で、歌ってしまっていても、マイクが綺麗に拾ってしまうと…

なっしゅびる・げっつ

上手く歌えてるじゃん!!!

というように、ご認識を起こしてしまいます。

ぼくなりには、ボイトレは「筋トレ」だと、捉えています。

すぐに、結果の出るものではないんです。

声を作っている最中に、ご認識で「出来た!」と感じてしまう事は、

  • 成長を止めてしまう
  • 間違った発声法でも、良いと思ってしまう

などという、デメリットを受け入れてしまう原因があるからです。

カラオケでの歌の練習が良くない理由(2)ガイドメロディー

カラオケには、大変ありがたいことに、「ガイドメロディー」なんていう、便利で安易にメロディが取りやすいものが、入っていますよね。

シンプルにカラオケを楽しむという観点から見ると、大変便利な機能です。

しかし、ガイドメロディーが無くなった際に、こういったことが起こりがちです。

  • メロディーが分からなくなる。
  • 音が取れない
  • ピッチが合わない

ガイドメロディーに頼ってしまうと、歌唱力の向上に、歯止めがかかってしまうんですね。

「ピッチの安定」は、多くの方が悩みを持っています。

ウルとま

僕も、ピッチズレには、苦労しているよ!

注意ポイント

ガイドメロディーには、頼らないようにする。

これが、あなたのピッチを、正確にする大切なポイントとなってきます。

カラオケでの歌の練習が良くない理由(3)歌詞を目で追える文字スクロール

カラオケの画面は、至れり尽くせりです。

歌詞が流れてきて、どの部分を歌っているか?を、分かりやすくするために、色が変わっていき、目で追えるようになっていますよね。

これは、目で歌っているところを把握できてしまうので、リズムに影響していきます。

参考

歌には、リズムが非常に大切。

ざっくり言ってしまうと、リズムが良ければ、曲全体として、良く聞こえます。

ボーカルとして、唄に集中するあまり、リズムに関して、曖昧になっている!なんてことは、ありませんか?

リズムは、表現にとって大きな役割を持っています。

ですから、バックサウンドをしっかり聞いて、リズムに乗って、歌うことが大切になるんですね。

カラオケで練習するときにすべきこと。

ここまで、カラオケでのデメリットを、挙げてきました。

じゃー、カラオケで練習したらダメなの!?

なっしゅびる・げっつ
ウルとま

そんなことはないよ!これから、対処法を教えるよ!

カラオケのメリット

「カラオケ」にも、大きなメリットがありますので、メリットは存分に利用したいところです。

カラオケのメリット

  • 気兼ねなく、声が出せる
  • 好きな曲の演奏が、すぐに使用できる
  • 集中できる

これらの、メリットは使用しない手はないですね。

良いところは、存分に生かして使用すべきだと思います。

ですので、カラオケでの練習が悪いということではないですからね。

カラオケのデメリットを解消する設定

カラオケでボイトレをするに当たっての、デメリットはこちらの3つとなります。

カラオケでのボイトレに対するデメリット

  • カラオケのマイク
  • ガイドメロディー
  • 歌詞のスクロール

これら3つのデメリットを、解消すれば、最高の練習場となります。

次の対処法を取り入れて、練習してみてください。

ポイント

  • マイクは使わずに歌う
  • ガイドメロディーはオフにする
  • 文字スクロールもオフにする
なっしゅびる・げっつ

マイクを使わずに歌うなんて物足りない!!

そんな風に感じると思います。

しかし、良くない認識を得てしまうくらいなら、敢えて使用しない方が良いということです。

それでも、やっぱりマイクを使用したいと感じるのであれば、「マイマイク」を選んで、持っていくと良いと思います。

設置されているマイクが、ボイトレには向いていないというだけですので。

例えば、こちら。

ウルとま

ガイドメロディー、文字スクロールは、カラオケの設定でオフに出来るよ!

「ガイドメロディー」と「文字スクロール」に関しては、設定にて「オフ」に出来ますので、それで対応出来ます。

これで、バッチOK!ですね。

思う存分、練習に励んでいきましょう。

カラオケ以外での練習場所【おすすめ】

バンドのリハーサルで使用する、「スタジオ」です。

これは、実はかなりおすすめです。

スタジオは、当日に個人練習といって予約すると、格安で使用することが出来ます。

そのうえ、業界標準マイク「SM58」が使用できるので、マイクノリがいいか?悪いか?の判断も出来ますね。

まだスタジオは使用したことがない!という方からすると、少しハードルが高いように感じるかと思います。

ですが、カラオケと大きな変わりはありませんので、これを機に、一度使用してみることをおすすめしたいです。

ウルとま

集中出来るし、勉強になることも多いから、一度は使って欲しいね!

カラオケでの歌の練習【まとめ】

カラオケで「ボイトレ」をすることの、メリット、デメリットを書いてきました。

適正な使用方法をすれば、良い練習場になることも分かってもらえたのではないでしょうか?

再度ポイントをまとめるとこちらです。

カラオケでのボイトレをする時のポイント

  • カラオケの設置マイクは使わないか、マイマイクを持ち込む
  • ガイドメロディーはオフにする
  • 文字スクロールもオフにする

これらの対応をすることで、デメリットは解消されます。

そして、ぜひとも一度は経験してほしいのが「リハーサルスタジオ」の使用です。

少しハードルが高く感じるかもしれませんが、一歩踏み出せれば、かなり快適な環境であることを実感できると思います。

まさにおすすめですね。

ウルとま

今回は「カラオケでの歌の練習は良くない?良くない3つの理由と、攻略法。」についてでした。でぁ。また。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ご意見ご感想頂けたら幸いです。

  • この記事を書いた人

とま

中学3年からベースを始め、高校2年からバンドを始める。 20年以上、趣味は音楽一筋。 現在進行形でボイトレを学んでいます。 「楽しむ」が、人生のテーマ。 「一人でも多くの人に、音楽を楽しんで欲しい。」 「音楽で悩むことの手助けになりたい」 そんなブログを目指しています。 「リアルな体験、リアルな言葉を箱へ詰めてお届け」 そんな由来の【まことばこ~真箱~】 座右の銘は「絶対は自分の為だけにある」